4パーミル・イニシアチブの取り組みについて

🍇 北杜高校の果樹園では「4パーミル・イニシアチブ」に取り組んでいます 🍑

 「4パーミル・イニシアチブ」とは、2015年に「COP21」(気候変動枠組条約第21回締約国会議)の開催国フランス政府が提唱した、地球大気のCO2増加を抑制する取組です。山梨県は自治体として全国に先駆けて参加し、2021年には「やまなし4パーミル・イニシアチブ認証制度」を設けました。

 北杜高校では、2021年1月に山梨県農政部長の坂内啓二氏による特別講義を受けたことを契機に取り組み始めました。

 山梨県の認証には4つの実践方法が紹介されています。

  • 剪定枝をバイオ炭にして散布する
  • 剪定枝をチップにして散布する
  • 草生栽培をして刈った草を土に散布する
  • 堆肥を散布する

 北杜高校では、①③④を実践することで、山梨県の認証を取得しました。

 認証を受けると、生産物に認証ロゴマークを付けることができます。2021年度は、農場で生徒が生産したブドウ、リンゴ、ナシ、洋ナシ、カキにこのロゴを付けて販売しました。北杜高校も授業を通して、脱炭素社会に向けた取り組みに貢献しています。

 

 今社会では、気候変動対策やSDGsへの関心が高まっています。北杜高校生は卒業後多方面で活躍していきますが、どのような分野においても、世界的な視点で社会貢献できる人材となる第一歩が北杜高校にはあります。

 

 4パーミルイニシアチブについては、総合学科-生物資源系列の科目「果樹」の授業で学習することができます。

 

【🍇「4パーミル・イニシアチブ」豆知識🍑】

 「パーミル(‰)」とは千分率の単位で、1‰は0.1%に相当します。

 地球の土壌には膨大な炭素(C)が含まれていると推計されています。この土壌中の炭素が毎年4‰増えるよう働きかけることで、大気中のCO2の増加を相殺できるという考え方が「4パーミル・イニシアチブ」の原理です。実際の活動としては、本来生態系から呼吸や燃焼などで大気中に放出されてしまう炭素を土壌中に閉じ込めるために、畑や牧草地などの土に有機物を与え続けることが提案されています。

 「やまなし4パーミル・イニシアチブ認証制度」では、炭素を基準通り(1t/㏊)土壌に投入している果樹農家等を認証することで、その農産物に「脱炭素社会への貢献」という付加価値をつける制度です。土壌中に炭素が増えることは、一般的に農作物の生育にも良い影響を及ぼすため、農作物・地球環境・生産者にとって、それぞれ利点がある制度として期待されています。