本文へスキップ

ようこそ北の杜へ ここは夢が育つ場所

TEL. 0551-20-4025

〒408-0023 山梨県北杜市長坂町渋沢1007-19

学校の特色SCHOOL

校名・校章の解説

「校名の解説」

 長い歴史と伝統を持った自然豊かな峡北の地に、大いなる希望と強い志を抱いた若者が集い、互いに切磋琢磨し、文武において活発な学びの杜を築き、「北の杜」から世界にはばたいて欲しいとの願いをこめている。
 なお、「杜」は『と』または『もり』と読み、山野に自生するバラ科の果樹『やまなし』の意味と、森と同様に樹木が多く、こんもりと茂った場所という意味がある。



「校章の解説」

 校章の山形は、峡北高校の校章を受け継ぎ、山梨県の象徴と八ヶ岳、駒ケ岳、鳳凰の三山をかたちどると共に、統合した峡北高校、峡北農業高校、須玉商業高校の三校を表している。
 また、校章の梨地は、校名に使われている「杜」がバラ科の果樹『やまなし』の意味を持つことに由来する。
 なお、校歌は旧峡北高校から峡北農業高校へ受け継がれたものをさらに受け継いでいる。校旗の地のエンジ色は須玉商業高校のスクールカラーを受け継いでいる。


 
校歌の音源を頂きました。
音源1 MP3ファイル、8.2MB 3分35秒
音源2 MP3ファイル、9.6MB 4分12秒



校訓 古教創真(こきょうそうしん)



〜古くからの教えを受け継いで、真理を究め、新たなものを創り出す〜
※伝統や真実を愛し、身を律しながら、自らの人生を切り拓き、
ふるさとを創造していく北杜高生としての気概を表現している。



「教育目標」

1.勉学に精励し、知性を磨くとともに創造性豊かな人間を育成する。
2.自主・自立の精神を培い、個性の伸長を図る。
3.心身を鍛え、豊かな人間性を養う。


平成28年度「北の杜3つの最重点課題」
― 教育目標達成に向けて ―

 

「経営方針」

 地域を担い、ふるさとを創造していく人材の育成

平成28年度「北の杜3つの最重点課題・取り組み事項」(教育目標達成に向けて)

1.学びの創造・・・「学ぶ喜び・学ぶ感動・学ぶ楽しさを追究しよう。」
2.自己指導能力の醸成・・・「自分で考え、解決する力をつけよう。」
3.学校と家庭・地域との協働・・・「地域とのつながりを持とう。」

「指導重点」

1 確かな学力を育む指導と評価を推進する
(1)指導内容を精選し、基礎・基本の確実な定着を図るとともに、生徒自ら課題発見・解決できるよう思考力・
   判断力・表現力等の向上を目指す。
(2)生徒が学習する教科・科目の到達目標や学習内容を知り、基礎学力向上に寄与するシラバスの完成を目指す。
(3)学校全体として組織的・計画的に授業研究などに取り組み、教員一人一人の指導力・評価力の向上を図る。
(4)授業づくりの7つの視点「やまなしスタンダード」に基づいた授業を展開し、生徒の力の伸張を目指すととも
   に、課題を把握し、授業改善を図っていく。

2 人間として調和のとれた生徒の育成に努める
(1)学校の教育活動全体を通じて、人間としての在り方生き方を主体的に探求し、豊かな自己形成ができる能力や
   態度を育む。
(2)感受性豊かな生徒の育成を図る。
(3)全ての生徒が、自己有用感や充実感を感じながら安心して学ぶことのできる居場所づくりにつとめ、いじめや
   不登校のない学校生活の実現を目指す。
(4)18歳選挙権の施行に伴い、主権者教育を展開する。世の中の出来事や政治の動きに関心を寄せ、自らの問題
   として受け止め、判断し、行動できる生徒の育成に務める。

 3 安心で信頼される学校づくりに努める
(1)交通事故等の防止や感染症予防などの安全対策に心掛けるとともに、不測の事故や災害などに備える危機管理
   マニュアルの充実と生徒自ら安全確保できるよう徹底する。
(2)家庭や地域との連携を図りながら、環境美化活動、福祉施設での奉仕活動、ボランティア等の活動を通じて、
   社会の一員としての自覚を持たせ、責任感と行動力を育む。
(3)地域の自然や歴史、文化、産業を理解した上で、地域とのつながりを積極的に持ちながら、地域を愛し、地域
   社会に貢献できる人材を育てる。
(4)国際化・情報化に対応し、異文化理解に努めるとともに、携帯など情報機器の利用にあたり、他者とのトラブ
   ルに巻き込まれないよう指導・徹底を図る。


山梨県立北杜高等学校

〒408-0023
山梨県北杜市長坂町渋沢1007-19

TEL 0551-20-4025
FAX 0551-32-3194